• プロフィール

    グラミー

    Author:グラミー
    グラミーのブログへようこそ!
    旦那Rと結婚22年目の子なし専業主婦♪
    横須賀→グアム→佐世保を経て、現在グアムにまた戻って来ました。
    優しい旦那との2人暮らしをブログで発信中♪
    最近はどの国でリタイアするかを検討中。
    年に1度の海外旅行の様子と、グラミーのグアムライフ、グアムステイケーション(ホテル情報)をお届けします♡
    レストラン情報、おうちクッキング記事多々♪

  • 新着記事

  • カレンダー

    03 | 2024/04 | 05
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 - - - -
  • R人気ブログランキング

  • その他のグアム情報


2016/01/20(Wed)

ハウステンボス ホテルヨーロッパ内 鉄板焼 戎座(えびすざ) / Teppanyaki Ebisuza @ Hotel Europe in Huis Ten Bosch


前記事で書き忘れましたが
ハウステンボス入国前に宿泊者専用駐車場横に
スーツケースを預かってくれる所がありますので
ホテルチェックイン前でも園内をスーツケースレスで楽しむことができるので
心配なしですよ♪

そんなわけでホテルアムステルダムへのチェックイン15:00までに
園内散策をし ランチをいただく時間がありましたので
こちらのホテル ヨーロッパ内にあるレストランへ行ってきました♪
↓↓↓


ホテルヨーロッパには
吉翠亭(きっすいてい)、戎座(えびすざ)、De Admiraal(デアドミラル)
の3つのレストランがありますが
この日は戎座(えびすざ)へ♪
↓↓↓


戎座、吉翠亭ともにこのような庭園が店内から眺められます。
お庭のお写真は上下に分かれています。
↓↓↓


まぁ、お食事が始まれば庭園よりもこちらに注目しちゃいますけどね♪笑
↓↓↓


まずはビールと梅酒で乾杯~♪
ハウステンボス到着おつかれさま〜♪ って言っても 自宅から35分で着きましたが♪
梅酒は 長崎 玄海酒造さんの和三盆糖です♪ ¥660
↓↓↓


Rは長崎和牛のフィレのコース(手前のお肉♡) ¥9350
グラミーは
シーフードと長崎和牛のサーロインのコース(うしろのお肉♡) ¥8250
美味しそうなお肉ですね~♪
↓↓↓


前菜♪
↓↓↓


ホタテも海老も大きい~♪
絶妙な塩加減でそのままでもおいしいですが
ガーリック醤油につけていただいてもとっても美味♡
赤こんにゃくって初めて食べました。
↓↓↓


2杯目の梅酒は
大分 おおやま夢工房の九州紅茶梅酒♪ ¥700
これがハッとするような斬新な梅酒でけっこう気に入りました♪
↓↓↓


シェフのフランベのお時間です♪
↓↓↓


メインの長崎和牛♪
サーロインなのにあぶらっこすぎなくて
グラミーの好みのサシの入り具合です!
↓↓↓


3杯目は
福岡 山口酒造の 庭のうぐいす 特選梅酒 うぐいすとまり♪ ¥800
ピューレタイプなので好みがわかれるところです。
↓↓↓


Rのフィレもひとくちもらったけど 予想どおりの美味しさ♪
↓↓↓


お写真撮り忘れましたが サラダもつきます。

そして ガーリックライス♪
お料理開始前にお願いすれば
メインのお肉とガーリックライスを同時に仕上げていただく事もできますので♪
↓↓↓


デザートのバニラアイスクリームとコーヒーでごちそうさま~♪
↓↓↓


シェフの腕前が素晴らしいのはもちろんの事
支配人のかたの細やかな気配りも良くて
また ぜひお伺いしたいなぁと思いました♪

さらにグラミーのお気に入りポイントは豊富な梅酒セレクション♪
福岡の純米梅酒以外のすべての九州の梅酒を制覇いたしました♪ヽ(*´∀`)ノ
↓↓↓


みなさまもぜひ ハウステンボス滞在中は
鉄板焼 戎座(えびすざ)で美味しい長崎和牛を堪能して下さいね~♪

あ!
撮り忘れたと思ったサラダが写ってる! 笑
↓↓↓


戎座
戎座
ジャンル:鉄板焼
アクセス:JRハウステンボス駅 徒歩5分
住所:〒859-3293 長崎県佐世保市ハウステンボス町1-1 1 ホテルヨーロッパ内(地図
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 佐世保×鉄板焼き
情報掲載日:2016年1月20日


にほんブログ村 グルメブログ 九州食べ歩きへ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 佐世保情報へ
にほんブログ村

九州食べ歩き ブログランキングへ

長崎県 ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト



Home | Category : ハウステンボス(Huis Ten Bosch Infos) |  Comment  |  Trackback
Home Home | Top Top